税理士法人ワイズコンサルティング(山本義昌)

目次

会計だけにとどまらない企業

山本義昌が設立したワイズコンサルティングは東京・銀座にオフィスを構える税理士法人です。

山本義昌氏が会長職を務めるワイズコンサルティングは、東京都に本部事務所を構える企業です。

1975年に会計事務所として設立され、2002年に法人化されました。グループ内に110名の社員を抱え、会計、税務、行政のエキスパートとしてサービスを展開しています。
「関与先の繁栄を通じて社会に貢献する」を基本理念に掲げ、日本国内のみならず海外は香港・中国にもサービス拠点を持つグローバル法人でもあります。
海外に強いコンサルティング会社として広くその名は知られており、素人では手に負えない業務も「あなたの成功が自分たちの仕事」と謳い上げて、しっかりとしたサポート体制で顧客のニーズに応えています。
その姿勢こそ、山本義昌氏の顧客に対する考え方を示しています。

より視野を広げて

山本義昌が設立したワイズコンサルティングでは国際税務をはじめとしたグローバル業務のパートナーとしての役割を果たしています。

山本義昌氏の顧客への想いを元に、設立当初から40年もの歳月をかけて、ワイズコンサルティングは業務を開拓してきました。その内容は、と行政書士法人の2部門に大きく分けられます。
まず、の仕事として、各種会計・税務業務、相続・贈与に関する申告や対策支援、組織に関わる評価と各種比率算定、海外進出の支援などが挙げられます。これらの業務は、企業だけではなく個人も対象としています。また、税務関係は国内だけでなく国際税務業務も手がけています。

一方、行政書士法人としては、法人設立や社交飲食業の開業サポート、相続・贈与などの手続き、成年後見、ビザ申請、各種営業の許認可・申請などの手続きの支援や関係書類の作成などを行っています。こういった多岐に渡る業務の中でも、海外に関する手続きや支援は特に注目すべき項目です。

山本義昌氏が海外進出を果たしたのは、今から28年前の1988年のことで、場所は香港でした。そこで海外進出を考える日本企業の支援を開始します。今でこそ、中小企業も海外進出を図る時代ですが、かつては海外に拠点を置くことは大企業だけの特権でした。そんな中、「きっと近い将来、日本も企業の規模に関係なく海外に進出するようになる」、と山本義昌氏は考えたものと推察します。

香港に海外拠点を置いたのを皮切りに、山本義昌氏はいくつかの海外拠点を設けます。シンガポール、中国の上海、深セン、蘇州、そして中国・シンガポール以外のアジア地域を専門とする事務所をカンボジアに構え、邦人だけではなく現地スタッフの力も借りて、現地事情を踏まえながら海外事業を展開していきます。

海外進出というのは、ただ、現地に拠点を構え事業活動を行えば良いというものではありません。まず、進出を考えた時点で様々な問題が生じてきます。どこに事業所を置くのか、どういった手続きが必要なのか、そのためにかかる費用はいくらなのか、税制対策はどのようにすれば良いのか、現地で人を雇うのに手配はどうするのが効率的でかつ安全か、数々の課題をこなさなければなりません。現地で事業を開始してからも税の問題、契約に関する問題、現地スタッフとのトラブル回避等々、挙げるとキリがありません。そもそも、国によって税制も変わってきますし、国民性も変わってきます。日本でうまくいっていたことも、海外ではやり方が通じないどころか、受け付けて貰えないことさえあります。その点、ワイズコンサルティングでは現地事情に明るいスタッフが、陰になり日向になり徹底したサポートに当たります。その緻密で細やかな仕事ぶりは、顧客にとって安心以外の何物でもありません。

ところでワイズコンサルティングの海外拠点では、海外ならではの業務も行っています。全拠点において、法定監査をはじめとする各種監査業務、そして相続や税制対策、セミナーや研修の開催といった総合的なコンサルティング業務を扱っています。また、香港とシンガポールにおいては、各種秘書業務も請け負っています。

山本義昌氏が東京に会計事務所を構えてから40年、海外を視野に入れたのがいつからかは知る由もありませんが、税制や行政だけでなく海外のあらゆることに精通するために、血のにじむような努力を重ねてきたのは容易に想像できます。それもこれも、すべて、顧客を成功へと導くためです。

いつでもどこでも顧客を第一に、自分たちの知りうる限りできる限り、力を尽くしてサービスを提供する、こうした山本義昌氏の信念が、今、主体となってあらゆる角度から顧客をサポートする後継のスタッフに、確実に受け継がれています。そしてそれこそ、山本義昌氏が後の世代に引き継がんとする最大の遺産であり、ワイズコンサルティングという企業の財産といえます。

ワイズコンサルティングに興味を持たれた方へ

山本義昌氏は、氏の理念に深く共感できる人材をスタッフとして迎えるべく門戸を開いています。
東京事務所の応募資格は、税理士、税理科目合格の有資格者で、業務内容は税務会計業務全般です。
また、東京、上海、香港の海外担当部門でも人材募集をしています。
米国公認会計士、公認会計士、会計士補の資格を有する方で、中国進出企業の支援が担当業務となります。
税理士、会計士共に39歳くらいまでの方を求めています。
転職を考えている、特に、海外での活躍を希望する方には、一考の価値ある職場です。

会社概要

ホームページ
税理士法人ワイズコンサルティング 公式サイト
商号
税理士法人ワイズコンサルティング
所在地(本社)
〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-21 中央ビル5F
設立
1975年1月
設立者
山本 義昌

SNSでもご購読できます。