「政治や失格」内田雅章が日本の就活を考える

目次

1.内田雅章ってどんな人?

コンサルティング

内田雅章は、昭和45年に愛知県で生まれました。平成6年に早稲田大学を卒業後、多くの会社で実績を積み上げ、現在は企業マッチングのために「人脈力」を活かしたコンサルティング業務や講演を行っています。

学生時代から「1日に1円もお金を使わずに生活すること」を考え、色々な形で貸しを作ることで人を動かすためのポイントを探していました。そして、商売を学ぶために三和銀行に入社しましたが、29歳のときに友人が経営しているお弁当屋さんと不動産業を手伝うことで転職をします。ここでは、生きていくうえで必要不可欠な衣食住のうち「食」「住」を経験します。

その後、あるきっかけで銀座のクラブオーナーへ転身します。クラブと言えば女性目当てにお客さんが来るところですが、内田雅章は、自分目当てのお客を定着させることに成功します。さらに、コネクションを広げますが、そんな折ベンチャー企業の社長と出会うのでした。

その社長と知り合ったことで、内田雅章は更なるステップアップを目指します。社長室長兼ベンチャー協議会事務局長をすることになった内田雅章は、ベンチャー協議会の会員企業の社長たちが話すことに耳を傾け、それを報告する仕事を行うようになりました。一見簡単そうに見えますが、ほぼ初対面である社長相手にアポを取り、30分間話し続けることはとても大変なことです。

そこで、どうすれば相手が興味を持ってくれるのかを考え、アポが入った社長が興味を持つ話を常時4から5つ持つことで、成功していったのです。このような経験を通して、大学生のための就職塾である内田塾を開きます。特に、ベンチャー企業を目指す学生と企業のための懸け橋となって活躍しました。これが、現在の株式会社就職課の始まりです。

2.内田雅章のビジョン、政治観とは?

ビジョン

内田雅章は、人が生きていくうえで大切な力として「人脈力」を挙げています。人脈やコネクションは、人間関係を作る力と密につながっています。どんなにすごい人でも一人でできることはたかが知れています。そのため、内田雅章は人脈を作ることで世代を超えた協力が得られると考えています。人脈はその人の夢や目標への道のりを加速させるためのもので、就活はもちろん、起業の際にも使えます。

内田雅章は、人脈の定義を深い信頼関係の結果作られるものであると考えています。世の中には人脈を作るという名の下で、多くの学生交流会や名刺交換会があります。しかし、こういったものは人脈を作ることそのものが目的となっているため、知り合った同士が信頼関係を得ることが難しくなっています。

あくまでも、相手が求めているものをこちらがしっかり理解し動くことで、人脈は初めて得られるものなのです。だから、どういった人と会うか、その人をどう利用するかではなく、どのように信頼関係を作るかが求められます。これは、営業についても同じだと内田雅章は考えています。

営業とは相手の本音に耳を傾ける行為であり決して自分を売り込むためのものではありません。だからこそ、就活を成功させるためには会社がどんな人材を求めているのかをしっかりとらえることが求められます。さらに、内田雅章の価値観は政治に対しても強いものがあります。

政治家というのは、強い摩擦の中を生きぬく仕事です。ですから、日本の利益を高めるためには日本という会社の経営者である意識が大事と考えています。良い日本をつくるためには、国民が実践的なスキルを学ぶことのできるように教育を変えなくてはならないと考えています。

3.内田雅章の書籍情報はこちら

内田雅章個人著書としては、仕事に必要な人脈力に関する書籍を多く出版しています。これは、ベンチャー企業の社長たちへヒアリングを行ってきた時代に学んだことが多く関わっています。その書籍を読むことで、日本の社長1,000人とアポを取る方法、成功に導くビジネススキルを身につける方法、そしてどんな相手とも良い関係を構築できるエッセンスなどビジネスにつながる側面を知ることができます。

代表的な書物として、「20代から始める人脈力養成講座」、「32歳からの人脈使いこなし術」、「手ごわい相手の懐に入る技術」、「1000人の社長人脈を築く自分の磨き方」などがあります。さらに、内田雅章が参院選出馬を志し、それを断念するに至るまでの出来事やそこから見えてきた日本の問題について記した「政治屋失格」もあります。

そして、株式会社就職課としては、未知なる終活に悩む学生や、内定が取れずに悩む就活生のために役立つ方法を提供しています。これは、多くの人に愛される力がある内田雅章にしか書けない内容でしょう。中でも有名な書籍は「伝説の就活」シリーズです。

伝説の就活シリーズとは、内定獲得マニュアル・業界研究・エントリーシートや履歴書・面接についてそれぞれ、赤・青・黒・金の表紙の本にまとめられています。ここには、どうすれば企業とのミスマッチを防ぎ、その上で相手が採用したいと思ってくれるのかという疑問を解決してくれる技が掲載されています。また、伝説の就活シリーズは2010年にアップグレードし、グレーの表紙であるQ&A集も追加されました。

公式サイト

内田雅章公式サイト

SNSでもご購読できます。