【最新採用情報】土谷晋一郎氏代表の医療法人あかね会で、高度な臨床医療に挑みませんか?

目次

土谷晋一郎氏は包括的な腎不全治療の研究とともに高度医療を提供

医療

土谷晋一郎氏が理事長を務める土谷総合病院は、心臓血管センターをはじめ、内科、消化器内科、呼吸器内科、血液内科、内分泌内科、腎高血圧内科、神経内科、外科、整形外科。リウマチ科などの診療科目を有する総合病院です。NICU、ICU、CCU、透析センターを有し、地域の急性期医療も担う病院であり、高度医療を提供する病院です。腎不全の治療に尽力する土谷晋一郎氏は、透析患者さんの負担を軽くするため、腎不全の治療の研究に腎尽力し、土谷総合病院では腎移植、在宅血液透析なども実施しています。

さらに、通院が困難になった患者さんは、阿品土谷病院に入院し療養できる環境を整えています。認知症を患った患者さんは老人保健施設シェスタに入所することで、阿品土谷病院の透析室に通院する、といったことが可能です。さらに、透析センターと健診全般を受け持つ中島土谷クリニック、透析治療を中心とした大町土谷クリニックなど、透析患者さんが少しでも便利に透析ができるよう、広島のそれぞれの地域で治療ができるような環境づくりをしています。

透析クリニックをそろえるだけでは、腎不全の患者さんにとっての負担は軽くなりません。土谷総合病院においては、腎不全の包括的な治療を研究し、血液透析をせずにすむ治療、腎不全の患者さんの負担にならない治療法を研究しています。そういった研究をするとともに、在宅での看護、リハビリなどにも対応できる施設を充実させ、現在の患者さんのニーズに対応できる環境を整えています。

土谷晋一郎氏は患者さんの背景を含めたケアをできる人材を必要としている

患者のケア

あかね会では医師、助産師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、臨床工学士、を募集しています。医師は産婦人科医の募集です。

先端医療を担う土谷総合病院をはじめ、透析治療や人工透析を提供する施設が多いあかね会。急性期医療も担うため、救急医療に興味があり、高いレベルの医療にふれあい、看護をしてみたいという人材が求められます。

特に透析看護においては、透析に関する知識や技術のほか、生活指導や導入期指導、患者さんの健康管理、さらに家族への対応が必要となります。病気だけを見るのではなく、患者さんの背景を含め指導をしていくことが大事です。透析患者さんは時間の拘束があり、精神的な負担も大きいものです。それを緩和する精神面でのケアも必要になります。

看護職をはじめ、理学療法士、作業療法士、介護福祉士などは施設間の連携も必要となることがあります。そこで必要となるのがコミュニケーションスキルです。患者さんとのコミュニケーションはもちろん、家族とのかかわり、スタッフとの連携がスムーズにできることが重要です。患者さんはさまざまな状況の中にいます。どういった環境での治療が適切なのかを家族の意向も含め、最適なケアを見つけられる人材が求められます。

福利厚生においては、健康・厚生・雇用・労災保険は完備、退職金制度、職員研修制度があります。それぞれの職種の新人研修にも力を入れているので、安心して仕事ができる体制があります。医師は研修制度のほか、学会参加費などは病院負担です。看護職においては、3交替・2交替制、さらにワンルームマンションがあります。休日日数は年115日、慶弔特別休暇があります。

土谷晋一郎氏はスタッフの意外な一面を知ることのできるイベントも重要と考えている

セットされたBBQ

土谷総合病院、阿品土谷病院、中島土谷クリニック、大町土谷クリニックにおいて数多くの腎不全患者さんの治療を行っているあかね会では、患者さんのため、ご家族のために少しでも負担を軽減したいと考え、ケアをしているスタッフがいます。

スタッフは一人ひとりが確実な知識や技術を身につけることを大切にし、日々勉強を続けています。患者さんに最適な医療・ケアをするためには、スタッフ間のコミュニケーションが欠かせません。また、スタッフが快適に働ける職場でなければなりません。あかね会では働くスタッフのことを考えた職場環境を作っています。それはスタッフが少しでも本来の仕事ができるような業務改善をするとともに、季節ごとのイベントやサークル活動などを通して、ストレス解消やスタッフ間の交流の場を作り、円滑なコミュニケーションづくりができるよう、さまざまな取り組みをしています。

病棟ではバーベキュー大会やレクリエーションを実施し、楽しい時間を過ごします。そういったイベントでは、仕事では見ることのできない意外な一面を見ることができるのも楽しいものです。イベントに参加し、先輩や同期、後輩とプライベートな時間を共有することで、話しやすくなるなどのメリットもあります。

男性スタッフが多い診療科では、スタッフ同士が仲がよく、魚釣りやキャンプ、スノーボードなどに出かけることも多いです。プライベートでも一緒に過ごせるのは本当に仲がいい証拠です。そういった関係がチームワークのよさを作っているのでしょう。休日をしっかり休み、楽しく過ごすことで仕事も充実してできるものです。それぞれの施設で、スタッフが充実して働けるよう、さまざまなイベントを開催したり、休暇をしっかり取れるようにしたりしているのがあかね会の魅力でもあります。

会社概要

ホームページ
特定医療法人あかね会の公式サイト
商号
特定医療法人あかね会
所在地(土谷総合病院)
広島市中区中島町3番30号
設立
昭和41年5月
代表者
理事長 土谷晋一郎

SNSでもご購読できます。