面接で好印象を与える3つの情報

就職活動の面接で一番大事だと言われているものは一体何だと思いますか??
経歴や経験、志望動機、自己PRなど、欠かせないものはたくさんありますが、何よりも一番気をつけなきゃいけないことがあります。それは、第一印象です。
第一印象で全てが決まると言っても過言ではありません!!
というのは少しだけ大げさかもしれませんが、第一印象が面接の結果に大きく影響することは確かでしょう。人の印象は2秒で決まるという研究結果もあるんだとか・・・。

着席をして面接がスタートと思いきや、もしかすると会場の外でも見られている可能性もありますよね。面接官はいろんなところで目を光らせているかもしれません!!まぁ気にしてしまえばキリが無いのですが。

しかし面接というのは時間が短いです。その限られた時間の中でどれだけ好印象を与えられるかが勝負ではないでしょうか!!
そこで面接で好印象を与える3つの情報をご紹介したいと思います。

好印象を与えるポイント1つ目は!?

笑顔で好印象を与えよう!!

笑顔というのは、第一印象を良くするためには非常に大事なことです。笑顔を作るということは、普段は簡単に出来ていても、緊張をしているとなかなかうまくいかないもの。
下手をしたらすごくぎこちない笑顔になってしまう場合がありますし、自分では笑っているつもりでも、まったく笑っていないということもあるでしょう。あくまでも自然な笑顔を意識しましょう。

では自然な笑顔とはどのようなものなのでしょうか。
まずは口角を上げることを心掛けましょう。方法として割り箸を使ったトレーニングもありますね。また、上の歯を見せることを意識すれば、自然な笑顔を作れます。
次に、表情筋を動かすことも意識しましょう。表情筋とは、感情を伝える時に動かす筋肉のことです。目の周りの筋肉を動かすことでも、好印象を与える一つの材料となるでしょう。
また、日頃から顔が凝らないように筋肉マッサージをするのも良いかもしれませんね。
間違ってもヘラヘラした笑顔になることだけは注意しましょう!!

好印象を与えるポイント2つ目は!?

清潔感で好印象を与えよう!!

面接において清潔感というのは、もしかすると笑顔よりも重要なことかもしれません。
例えば肩にフケやほこりがついていたら印象はどうでしょうか。その人がどれだけ仕事が出来る人だとしても、第一印象は「この人は仕事を雑におこないそう」というマイナスな印象です。

次に、髪型はどうでしょうか。お洒落な髪形と、だらしない髪型は全くの別物です。きちんとセットをして、まとまりのある髪型を心掛けましょう。今の時代、昔ほど髪色は真っ黒ではいけない!!という厳しいものも少なくなってきたとはいえ、金髪や明るすぎるカラーはやはり印象はあまり良くはありません。自然な髪色を心がけ、暗めのトーンが無難と言えるでしょう。

そして、男性は髭にも注意が必要です。「髭は俺のポリシーなんや!!」と思っていたとしても、就活中は綺麗に剃ることをお勧めします。(但し美容師やファッション系など、一部の職種では良いとされ場合もある)

また、シャツやスーツにしわや汚れが無いようにしましょう。靴も同様です。髪型や、スーツに気を使っていても、靴が汚れていては元も子もありません。

あとはニオイにも注意してください。気合が入りすぎてキツイ香りを放つ香水をつけていくことはあまり良いとは言えませんよ。
第三者の目線で、人はどんなところに不快感を感じるのかを考え、面接に挑みましょう。

好印象を与えるポイント3つ目は!?

マナーを守り好印象を与えよう!!

最後に紹介するのはマナーについてです。当たり前のことかもしれませんが、その当たり前のことを出来ない人が近年増えてきているのだそう・・・。

まずは基本的なことから。遅刻や到着が早すぎるパターンです。一番のマナー違反としては遅刻ですね。時間を守れないということは社会人として絶対にあり得ないことです。
例えばやむを得ず交通機関の影響で到着が遅れる時は、必ず連絡を入れるようにしましょう。また、早すぎる到着もあまり良いとは言えません。担当者も予定があるでしょうから、開始時刻の5~10分前に到着するようにしましょう。

次にこれも基本的なことですが、声が小さいということも大問題です。緊張してしまい普段よりも小さくなってしまう声を、必ず自分で意識して大きな声を出すように心がけましょう。
小さな声ではやる気も伝わりませんし、自信が無いというマイナスな印象を与えてしまいがちです。ハキハキと受け答えをすることによって、面接官の印象はグンと上がります。
しかし、大きな声を出し過ぎて怒鳴り声になってしまわないように注意してください。

3つの情報をお役立てください

面接で好印象を与える3つの情報を紹介しましたが、お役に立つものでしたでしょうか??
基本的なことばかりだと思ったかもしれませんが、この基本的で簡単だと思われることが意外と出来ないんです。これらが出来ていないと、悪い印象を面接官に残してしまいます。

緊張や不安は仕方ありません!!だって人生がかかった大切な面接なのですから。そんな時に、この3つの情報を思い出してください。

他の特集記事

特集記事一覧

SNSでもご購読できます。